クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

【書評】「新しい文章力の教室」ブロガーなら読んで得しかしない一冊

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

【書評】「新しい文章力の教室」ブロガーなら読んで得しかしない一冊

文章力を鍛えている真っ最中ノリモ(@norimo_blog)です

ブロガーのあなたにも、サイト運営しているあなたにもオススメの本「新しい文章力の教室」をご紹介したいと思います

これはホントに読んで良かったと思う本なので、文章を仕事や趣味に使う人は一度は読んでみることをオススメします

どんな本なのか、何が身につくのか、そういったことも含め書評として書いていきますね

スポンサーリンク

良い文章とはどういう文章なのか?

僕がこの本を手にしたのは、もちろん「ブログ」で文章が上手くなりたいと思ったからであり、著者「唐木元」氏のように「ライター」としてではありません

そして、この「新しい文章力の教室」はコミックナタリー初代編集長という肩書きを持つ「唐木元」氏による、ナタリー式トレーニングを通して文章力を見つめなおす為の本なのです

そう言われると「ライターってほど文章力に本気じゃないからなぁ」と思ったブロガーのあなた!一度読んでみると「文章」に職種や肩書きによる違いが無いことに気付くはずです

そうなんです。この「新しい文章力の教室」は「文章を書く全ての人に共通して基礎的なことを教えてくれる本」と言える本なのです。ナタリー編集長というぐらいだから、文章を仕事にしているようなビジネスレベルの本のように思う方もいるでしょう。僕も最初はそうでした

「そこまで本気の内容じゃなくてもええよなぁ~」って。でもちょっと読んでみたら、まぁ、すぐ買いましたねw

「ライター」でも「ブロガー」でも「作文」でも、共通して言えることは「文章には良い文章と悪い文章がある」という事です。この「新しい文章力の教室」でも「良い文章」という基準をしっかりと設けて最後まで書かれています

では、「良い文章」とはどういうものなのか?

それは「完読してもらう文章」です

ブロガーとして活動しているあなた。あなたのブログの記事は一言一句しっかりと最後まで読まれている自信はありますか?
自分の想いなどを書き綴った長文を掲載したら、最初から最後の「。」まで読んでもらう自信はありますか?

僕はまだありませんwこの記事もどうなのか?w

この「新しい文章力の教室」では、そういった「完読」をしてもらう難しさはもちろん、大切さや考え方を教えてくれます。特に面白い表現が「ラーメン」での例え。こういう一文があります。

ダメな文章は「食べきれないラーメン」

引用元:「新しい文章力の教室」-著:唐木 元- CHAPTER1-2 “完読される文章、完食されるラーメン”より抜粋

「あ~なんか分かる気がする」と納得した人も多いのではないでしょうか?「ラーメン」を食べる時、そのお店が絶品ラーメン店の美味しいラーメンならスープも全て飲み干したい気持ちになりますよね?

ラーメンを作る人からするとこの「完食」はきっと嬉しいはずです。そのラーメンの作り手は文章でいう「あなた」。あなたが作った文章を読者が楽しそうに全て「完読」してくれると同じように嬉しいはずです

そういったことを分かりやすく、著者がライターとして経験したことも交えて教えてくれるのがこの「新しい文章力の教室」なんですね

僕も「良い文章」を書けるように頑張っていますが、こればかりは誰かに評価されないと分からないですからねw精進していきます!

気付いてますか?あなたの文章のクセ

文章を書き慣れてる人なら、おそらく経験があると思いますが「書き慣れていない人の文章の違和感」に気付くことってありませんか?

例えば「先日、久しぶりに実家に帰り、母が私が遅くなったから心配したが家に着くと既に就寝していた」のような文章ですね。これ、ちょっと違和感ありませんか?

これは僕の考えですが、文章って「頭で考えてから指を動かして、現れた文字を目で見てそれを言葉としてまた脳にインプットする」から前後の言葉って意識しにくいと思うわけです。先ほどの例の文章も「母が私が遅くなったから心配したが」と「が」を3回も続けて使うことで、言葉として声に出すと違和感を感じます。「母が心配したのか?私が心配したのか?」分かりにくいですよね?

これは僕の中では「文章のクセ」だと思っています

クセは何でもそうですが、意識しないとなかなか治りません

この「新しい文章力の教室」では、こういった「よくある気付きにくい間違い」を認識させてくれます。つまり先ほどの「クセ」に自分で気付き、それを治せるように意識して変えていくというトレーニングが大切だと教えてくれます

僕はブロガーとしてもそうですが、仕事でも文章を使う仕事をしているので(あくまでもこの本は自分の「ブログ」の為だけに買いましたw)、ちょっと文字を打っては少し前から音声として読み返して違和感がないかチェックしています

この本でも「読み返しの大切さ」はしっかりと書かれているし、それだけでなく、目で見た時の文章のバランスや後述する読み手のストレスなども考えた「書き方」も学べます

「文章」と一言にいっても「商売の文章」や「主張の文章」、「日記の文章」「感想の文章」と様々ですが、やっぱり大切なのは「完読」してもらう文章です。文字のバランスや違和感がなく、読み手がスラスラと読める「文章」を書く大切さを僕はこの本で学びました

ストレスの無い文章を作るには

さて「ストレスのある文章」とはどういう文章でしょうか?

誰かの悪口を書いている文章?思ったように進まない物語を書いた文章?

この「新しい文章力の教室」から学んだ僕の答えは「考えさせる(思考させる)文章」です。これは先ほどの「違和感」がまさにそう。文章の途中に違和感があると読み手の読む流れを止めてしまいます

例えばインタビュー記事を読んでいる時に「・・・ん?これは今誰が発言したってこと?」と一瞬分からなくなると、少し前から読み返して流れを確認しないといけません。1箇所程度ならまだいいですが、これが何箇所もあるとさすがに「完読」する気がなくなります

僕自身、たまに誰かの記事を読んでる時に感じることもありますよ。やはりそういった記事だと途中で読むのが疲れてしまうのでよく分かります。(そういう僕の記事も例外ではありませんが)

他にも「詰め込みすぎの文章」があります。いわゆる「真っ黒な文章」ですね。行間や不自然な改行による見た目の悪さ。これも稀にブログで見つけることがあります

この「新しい文章力の教室」でも「文章の見た目」はとても大事だと教えていて、(ブログの事を書いた本ではないので)明確な行間の取り方といった具体性はありませんが、「文章における見た目」は思っている以上にたくさん注意点があることが分かります

著書の中でこのような一文があります

唐木ゼミでも新人のうちは、「身も蓋もないくらいでちょうどいい」と言い切っています。それでも覚えていただきたいのは、完読のためほんとうに目指すべきは、適切な長さの文章、適度に締められた文章なのだということ。

引用元:「新しい文章力の教室」-著:唐木 元- CHAPTER3-30 “身も蓋もないくらいがちょうどいい”より抜粋

この文中の「適切な長さの文章、適度に締められた文章」という一文は、本当に大切だなぁと感じました。小説のような物語なら長くて当たり前でしょうけど、「ブログ」はよほど読みたい記事でないと長い文章は読みません。というか読むのに時間がかかると気合を入れて読む必要がありますよね

かと言って短い文章ならいいかと言われると、それもまた違う。要は「適度に締められた文章」が大切なんですね

「文章の締め方」や「冗長にならない工夫」といったテクニックも、「新しい文章力の教室」では分かりやすく例文を交えて解説してくれます。国語が苦手な人でも例文や解説があるので、修飾語と言った言葉も苦になりません(実際、僕は国語の成績が2とかでしたよw)

自分の文章を思い返してみて少しでも不安を感じたなら、この「新しい文章力の教室」を片手に読み返してみると自分の文章の「ストレス」となる箇所が見つかるかも知れませんね

読者の心を掴む文章力

あなたが「著者」とすると「読者」が必ず存在します。著者にとって一番嬉しい事は「読者がしっかりと文章を読んでくれて何かを感じてくれること」ではないでしょうか

喜びを感じてくれたり、悲しみを感じてくれたり、ワクワクを感じてくれたり・・・

その為には「読者の心を掴む文章」を書けないといけません。読者が何も感じない文章はただの「文字という記号」になってしまいます。(と言うのは僕の考えです)

この「新しい文章力の教室」には「読者に伝わる文章は丁寧さが必要」と書かれています

「丁寧」って言われても実際はどういうことなのか?ちょっと難しいですよね。著書では、それは「言葉選び」や「品の良さ」だと書かれています。こういうことを「無意識」でするにはなかなか気付けないことで、僕も実際読んでみてから気付いた点もありました

ただこの「言葉選び」や「品の良さ」は意識すれば改善出来ることで、「ブログ」にも役に立つ内容です。小さな努力かも知れませんが文章を「書く側」として、やはり押さえておきたいポイントですね

それにどれだけ長い文章でも、ネタ記事として面白く書いても、このさりげない「気配り」が出来ていれば自然と読者も読んでくれるようになるので

「読まない」ことを当たり前に思うことは、ブロガーにとって「前提」とはよく言いますが、だからと言って「読まれない」理由にはなりません。ありふれたブログ記事の中から、奇跡的に自分の記事に辿り着いてくれた人をしっかりと感動させたり楽しくさせたり出来てこそ「ブロガー」ではないでしょうか

読者から感想をもらえると一番嬉しいことですが、全ての人が感想を伝えてはくれません。であれば、自分の文章は自分で「読者」となって読み返し、この「新しい文章力の教室」で教えてくれるポイントをしっかりと身につけることで、「気配り」が出来た文章を書けるようになりたいものですね

「新しい文章力の教室」の書評まとめ

「文章」という表現力に的確なアドバイスをくれるのが「新しい文章力の教室」という本だと僕は感じました。これからも定期的に読むことがあると思います。いい本って何回も読みたくなるんですよね

でも全ての事がタメになるというわけではありません。僕自身も「ん~これはちょっと違うかなぁ」と思うこともありました。もちろん「ライター」を目指している人なら、もうこの本は「目からウロコ」の内容なんでしょう

いかがでしたか?あなたが「ブロガー」でまだ読んでいないなら、持っておく事をオススメします

ブロガーだけではありません。文章の教室ですので「文章」を書く人には読む価値があります。こういう本は、自分にとってタメになる箇所に付箋などを貼っておくといざ困った時に役立ちますよ!

既に色々なブロガーの方がこの本をオススメしているので今さらではありますが、僕の感じた書評で「この本良さそうだな」と思ったら「いいね」をヨロシクお願いします。そうしてもらうことが一番嬉しいことですのでw

ほなまた~

スポンサーリンク

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

フォローしていただけると次回更新の際にタイムラインでお知らせされます!また次回も見てもらえると嬉しいです^^