クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

大学は行く価値があるのかないのか問題について

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

大学は行く価値があるのかないのか論争

専門学校卒だから大学なんて1歩も踏み入れたことがないノリモ(@norimo_blog)です

卒業ギリギリまで3DCGのコース受けてて最後の就職活動で「プログラマーになろっかな?」って思って面接直前で勉強して作品作って受かったんですよね、懐かしいw

さて、最近ツイッターの一部で話題の「大学論争」。要は「行く価値があるのかないのか」論争ですね。こういうの面白いから好きですよw色んな意見が見れるから面白いよねw

きっかけは何だったのか、過去を色々探してみたけど「例の高知のブロガーさん」かな?わかんないけど、まぁ油を注いだのがこの方なのは間違いなさそうw

という事で、僕も「みんなのように真剣に」考えてみようかと思います

スポンサーリンク

結論

どーでもいいし、知らんわwww

え、だってそうじゃね?

「お隣の息子さん、今大学に行こうかどうか悩んでるらしいわよ?あなた何とか言ってあげなさい?」って言われても「知らんやん!」ってならん?w

その息子さんが直接「すいません、相談があるんですけど~」って来たならちゃんと話聞いて考えるよ?相談されてるんやもん、真面目に考えてアドバイスとかマインドとか伝えてあげるけど

今回は、大学に行く価値があるのか?ないのか?って事。そんな「人によって変わる価値感」で比較することそのものに価値あるのか?って思うけどw

「カレーは美味いか不味いか」と同じで、カレーを美味いと感じる人と不味いと感じる人がいるやろうけど、そもそもそのカレーを作る人の腕が良いのか悪いのかで味が変わるから、正しくは「この人が作るカレーは美味いか不味いか」だと思うのね?

「この人は大学に行く価値があるのか?ないのか?」という論争なら、みんなの意見は個々の意見として価値があると思うわけ

僕は趣味の一つに「模型」があるんですが、自分の手でモノを作れる人(それこそ絵描きさんとか)は「作ったモノに対しての価値」って作った時点ではそう大きく価値を感じてないと思うんです。まぁ自分の中で「今回はこの技術が身についたなぁ」とかはありますけどね

じゃあいつ価値を見出すのか?と言うと「人に作品を見てもらって感動があったとき」で、数が多ければ多いほど自分の中で「この作品は作って良かった」とか「この作品のおかげで人気が出た」とかって「価値」が生まれるわけね

要は「過去」のことに対してしか「価値」はつけられないと思うって話。そう考えるとこの「大学論争」で「価値がある」と言ってる人も「価値がない」と言ってる人も、「過去の自分の大学に対して」そう思っているんだろうなぁっていうのが、僕の真面目な意見です

知らんけどねwww

もしかしたら大学行こうか悩んでる人がこのブログ読んでくれてるかも知れんから、もうちょっと書くとすると、例えば、食パンの袋についてる「バッグ・クロージャー」ってあるでしょ?パズルのピースみたいな形したアレ

あれって「価値」あると思う?

これも人によっては「価値がある!」って言う人と「価値がない!」っていう人がいると思うのね?それぞれに言い分とか考えがあるから、ぶつけ合うと思うのよ

そんな中、明日バッグ・クロージャーの製造元が生産を終了するって言い出したら?「特に必要性を感じなくなったから」とか言ってwそうなると「価値があろうがなかろうが意味がなくなる」わけ

つまり「価値がある!」と答えた人のように、バッグ・クロージャーを価値のあるように活用なり意識なりをすると「価値がある」となって、「価値がない!」と答えた人のようにバッグ・クロージャーを何コレ?意味あるの?として意識すると「価値がない」になるんじゃない?

まぁ食パンについてるバッグ・クロージャーの価値はあまり感じないけどなwww

要するに、大学行くも行かないも、その選択の価値を作るのは未来の自分だってことw

大丈夫、人生何とかなるように出来てるからwマイペースで行こう、マイペースでw(←無責任)

ほなまた~

P.S.今回は思いつきで書いたからサクッと終わらせるよ~

他にもこんな記事おすすめ

レジやってるやつに言いたい!
ホンマさぁ、もうええよ?何回も何回もアホみたいに同じくだりばっかりさぁ 最初の1回目はいいよ?ちょっとした面白い出来事やから ...
WEB広告について真剣に考えてみた話【2018】
Web広告について最近考えてるノリモ(@norimo_blog)です あなたはWeb広告ってご存知ですか? ブロ...
https://kakitaikoto-blog.com/rollingstones-day/
スポンサーリンク

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

フォローしていただけると次回更新の際にタイムラインでお知らせされます!また次回も見てもらえると嬉しいです^^