クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

コーヒー豆はやっぱり深煎り?煎り方の違いについて

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

コーヒー豆はやっぱり深煎り?煎り方の違いについて

元喫茶店勤務だったノリモ(@norimo_blog)です

今回は豆の煎り方の違いについてお話しします

よく目にする「深煎り」って文字、ていうか僕は「深煎り」しかアピールされてるの見た事ない気がするんですけど??w

確かに「深煎り」って言われた方がなんか味わい深い感じはしますけど、コーヒー好きとしては「深煎りって言えばいいと思ってる?」とかって思っちゃうw

煎り方の違いを知ると、コーヒーの味を選ぶ時の参考にもなるし、自分でコーヒー豆を買うときに少し選び方が変わります

人によっては自分で焙煎(豆を煎ること)してる人もいるぐらい、コーヒーの味の決め手となるので、美味しいコーヒーを楽しむなら豆の煎り方の違いを簡単にでも知っておきましょう

スポンサーリンク

コーヒー豆の煎り方の違いについて

コーヒーの豆の煎り方には大きく分けて3種類あります

  • 深煎り
  • 中煎り
  • 浅煎り

です。これぐらいはみなさんも聞いたことあると思います

コーヒー豆を選ぶ時、豆の色が違う事にお気づきの方もいると思いますが、コーヒー豆の色の違いは煎り方によって変わるんです

←色黒 色白→
深煎り 中煎り 浅煎り

深く煎ると色が濃くなり、浅い煎りだと薄い色に仕上がります

では、この違いは一体どう違うのでしょうか?

それはコーヒーの苦味と酸味に大きく影響します。深煎りだと苦味が、浅煎りだと酸味が強くなるんです

どうですか?今回は、たったこれだけ覚えてしまえば、コーヒー豆を買うときに飲みたい気分でコーヒー豆を選ぶ事が出来ます。「酸味が強いのを飲みたいなぁ」と思えば浅煎りの豆、つまり明るい色の豆を選べばいいわけですね!

違うのは風味だけなの?と気になるところですが、厳密に言うと焙煎で変わるのは風味だけです。しかし、この「苦味」「酸味」の違いはコーヒーの「飲み方」によっては重要な要素となります

それは「深煎り」の苦味を必要とする飲み方です

例えば、アイスコーヒーは氷で薄まる分、コーヒーを濃い目に抽出するのが基本です。その場合、アイスコーヒーにピッタリな豆となると「深煎り」となります。アイスコーヒーのあの飲んだ後のスッキリとした香りは、コーヒーの苦味成分があってこその風味だからです

他にもカフェ・オレなんかが同じですね。カフェ・オレはミルクとコーヒーを混ぜるのですが、カフェ・オレにもっとも適したコーヒー豆は「深煎り」です。やはりミルクと混ぜる分、コーヒーの苦味がないと味の薄いカフェ・オレになってしまいます

さて、先ほどの3種類さえ覚えてしまえばほとんど大丈夫なんですが、実はもっと追求すると、この焙煎度合いは8段階にも細かく分けられるんです

←苦味が強い 酸味が強い→
イタリアンロースト フレンチロースト フルシティロースト シティロースト ハイロースト ミディアムロースト シナモンロースト ライトロースト

※見えない場合、左右にスクロールしてください、すいません!

この赤色に当たる部分は先ほどの「深煎り」、オレンジ色の部分が「中煎り」、黄色の部分が「浅煎り」にあたります。一言「深煎り」といえども4種類も違いがあるんですね~

中でも「イタリアンロースト」は聞いたことありません?

まぁ覚えられないと思いますので、ここではやはり3種類の違いを覚えればOKです!

という事で、スタンダードでちょうど中間のコーヒーを味わいたいなら「ハイロースト」か「シティロースト」がオススメとなります

ついでに言うと、この焙煎度合いによって豆の固さも違うので、豆を挽く際の感触が全然違います。特に浅煎りの場合、固いので豆がぴょんぴょん飛びますwそれもまたちょっと可愛らしいのでいいんですけどねw

そもそも何故豆を煎るのか

珈琲の豆の挽き方の違い

僕たちが飲むコーヒーは豆から抽出したエキスなんですが、ただ単に豆を砕いてお湯で抽出してるのではなく、豆を一度煎ってから砕いてます

煎る前の豆を生豆と言って、農園から採取した豆の状態のことを指します

生豆を焙煎する事でコーヒー豆に火が通り、成分が化学反応を起こします。その成分の変化が先ほどのコーヒー豆の色の違いとなって表れ、お湯による抽出で味が出てくるというわけです

煎り具合によって苦味と酸味が変化すると言いましたが、この化学反応によって酸味が減り、苦味が増していくという事になります。浅煎りだと酸味が強いのは、元々酸味が多い状態から酸味がなくなる前に煎り終えているからということです

歴史としては本当に古くからあり、ほぼ伝承のノリで伝わってます

正確な記録はないらしく「おそらくこれはコーヒーではないか?」と当時の記録に残っている飲み物などがコーヒーじゃないか説が唱えられるほど

まぁ歴史はさておき、色々あったから、今こうして美味しいコーヒーが飲めるというのは幸せですね!

自分でも煎れるの?

はい、煎れますよw

僕は未経験なので詳しくはまだ知りませんが、僕のいとこの姉はマンションに住んでるんですが、豆煎ってるって言ってましたw写真も見せてもらいましたが、煎ってましたw

本人曰く「マンション中にコーヒーのいい香りが広がる・・・」と幸せそうに言ってましたが、コーヒー嫌いからしたらニオイテロになんら変わりありませんwww

一応、僕の知ってるやり方は「豆を網でコンロにかけて煎る」というぐらい。ですが、実際にコーヒー好きの人で豆を煎ってる人は意外と多いらしく、近頃は生豆でも販売してくれるコーヒーショップがあるぐらいです

みなさんもご近所の迷惑にならない程度にコーヒー豆の焙煎に挑戦してみてはいかがですか?

まとめ

今回は「コーヒー豆の煎り方の違い」についてでした

これでコーヒー豆を買いに行くときに味の違いで選ぶ事が出来るし、それがまた一つの楽しみとなってきますね!

ぜひ、コーヒー豆の煎り度合いで豆を選んでみてください!

ちなみに、僕が好きなのは「フルシティロースト」です。一番僕に合ったバランスという事とあとは名前が強そうだからですww

スポンサーリンク

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

フォローしていただけると次回更新の際にタイムラインでお知らせされます!また次回も見てもらえると嬉しいです^^