クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

コーヒーの豆の挽き方の違い、実は簡単な違いなんです

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

珈琲の豆の挽き方の違い

元喫茶店勤務経験のあるノリモ(@norimo_blog)です

珈琲の嗜みを少しでも知ってもらう為にブログで色々と書いております。僕自身プロではないですが、趣味として楽しんでいるのでまだ知識不足ですが、得た知識をここで書いていこうかと思ってます

さて、今回は珈琲の豆の挽き方の違いについてです

豆を購入するときに店員さんに「挽き方はどうされますか?」というセリフ、聞かれた事ありませんか?挽き方?何それ?って僕も喫茶店勤める前に買った時は思いましたよw

挽き方の違いが分かると珈琲の淹れ方にも少し工夫が出来るので、覚えておいて損しませんよ!

スポンサーリンク

挽き方はおおきく4通り

豆の挽き方は大きく分けて4通りあります

  • 極細挽き
  • 細挽き
  • 中挽き
  • 粗挽き

そもそも豆を挽くというのは「豆を粉砕」する事です。そして豆を粉状にすることで珈琲のエキスを抽出する事が出来るようになります

その粉状にする時の粒の粗さ=挽き方の違いに関係しています

上の4通りで言うと、極細挽きに近いほど粉の粒が細かく、粗挽きに近いほど粉の粒が粗い仕上がりとなります。まぁこれは文字のとおりですけどねw

もっと言うと中細挽きなんていう微妙な挽き方もありますが、そこを気にするのは本当にこだわりだしてからでも問題ありません

「挽き方は?」と聞かれたらこの4通りのいずれかを答えましょう

挽き方の違い

珈琲の豆の挽き方の違い

さて、本題の「挽き方の違い」についてですね

本来、挽き方の違いは使う器具で変えていきます。ペーパードリップなら最適なのは中挽きですし、水出し珈琲なら最適なのは細挽きという感じで、要は適材適所という事ですね

簡単にまとめるとこうなります(※知らない名称もあると思いますが、いずれ説明しますね!)

極細挽き エスプレッソ
細挽き 水出し珈琲、マキネッタ
中挽き ペーパードリップ、サイフォン、ネルドリップ
粗挽き フレンチプレス、パーコレーター

しかし、例えばペーパードリップでアイスコーヒーを作る場合、中挽きではなく細挽きにします。これはアイスコーヒーを作る過程でどうしても氷による水分が増えてしまうので珈琲の味が薄まるからです

美味しいアイスコーヒーを作るには水分で薄まることを前提として、最初から濃い目に作る必要があります。その為、中挽きではなく細挽きにするんですね

つまり、濃い味の珈琲を作ろうと思えば挽き目を細かくしてあげると濃い珈琲になるという事になります

では粗い目に挽くとどうなるのでしょうか?その場合、反対の薄めではなく酸味が強くなります

これを応用すれば、ペーパードリップでも若干の味の調整は可能ということになりますね

必ずしもペーパードリップだから中挽きじゃないといけないということはありません

前途した「中細挽き」などはこういう調整の際にでも役立つ挽き目ですので、気分によって調整出来るようになれば、より珈琲を楽しんで味わうことが出来ますよ!

結論的にお店で挽いてもらうべきかどうか

珈琲の豆の挽き方の違い

そもそもお店で挽いてもらわないという選択肢もあります。その場合は豆で購入するという意味ですが、僕は豆のままの購入をオススメします

理由はただ1つ

飲む直前に挽く方が美味しいから

これだけです!w

では何故、お店で挽かずに豆のままの方が美味しいのか?それは豆が酸化する事が原因です

焙煎した珈琲豆は酸化に弱く、空気に触れることで言わば「劣化」していきます。ここで言う劣化とは味の劣化ですね

豆よりも挽いた後の粉状の方が空気に触れる表面積が多いため、酸化しやすくなり味の劣化に繋がります。古くからやっている純喫茶や大手チェーン店でも、お店によっては注文されてから豆を挽くお店も多くあります(僕が働いていた珈琲チェーン店でもそうでしたよ)

それぐらい味に影響が出る訳ですね!では、何故お店で挽いてくれるのでしょうか?その理由もとっても簡単です

豆を挽く環境がない人もいるから

という訳で、本当に美味しい珈琲を飲むなら、珈琲豆を買う時に挽いてもらうのではなく自宅でミルを使って豆を挽くことをオススメします

ミルはだいたい¥1500~くらいで買えるので、一度買ってしまえば美味しい珈琲が飲めると思うと珈琲好きなら1台は持っておいたほうがいいと思うのでオススメします!

ただ、「いちいち挽くのめんどくさいよー!!」という方は、お店で挽いてもらってもいいと思います!その場合、袋に入れたまま口を折り曲げる保管ではなく、密封できる容器に移すことで酸化を少し防ぐことができますよ!

まとめ

今回は「豆の挽き方の違い」についてでした。こだわればもっと奥深いんですけど、これぐらいの知識があれば大丈夫ですw

自分で淹れた珈琲は不思議と美味しく感じるし、豆が違うと味も違うように、挽き方が違うとやはり味も違います

あなたなりの淹れ方の中で「豆の挽き方」も意識してみると、珈琲の楽しさがより深まると思うので、休日の朝なんかは一杯の美味しい珈琲を飲んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

フォローしていただけると次回更新の際にタイムラインでお知らせされます!また次回も見てもらえると嬉しいです^^