クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

初心者でも簡単に美味しいコーヒーができる淹れ方

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

美味しい珈琲を飲もう!珈琲の淹れ方

元喫茶店勤務の経験があるノリモ(@norimo_blog)です

みなさん、珈琲は好きですか?
缶コーヒーやインスタントコーヒーなら飲んだ事がある人は多いと思います!

僕は珈琲毎日飲むぐらい好きなのですが、オススメはやっぱり豆から抽出したコーヒーです!もう全っっっっ然味が違います!w

「珈琲なんてどれも同じ味でしょ?」と思ってる人もいると思いますが、全然違うんですよ!

ちゃんとした器具を使って淹れ方さえ覚えれば、あなたにも喫茶店で飲むような美味しい珈琲を作ることが出来るんです

珈琲には色々な種類の淹れ方がありますが、器具が揃えやすく初心者でも手が出しやすい淹れ方「ペーパードリップ」を説明しましょう

スポンサーリンク

準備するもの

  • お湯を注ぐポット
  • 豆を挽くミル
  • ペーパー用のドリッパー
  • 珈琲フィルター
  • 珈琲を受けるサーバー
  • 珈琲を注ぐカップ

これだけあれば自宅でも美味しい珈琲が飲めちゃいます!

こだわりだすと、それぞれにメーカーや種類がありますがそれはまた別で書きますね!

今回は僕のオススメのモノを既に選んでます。選ぶのがめんどくさい人は同じモノを揃えるといいですよ!

お湯を注ぐポット

やかんじゃダメなの?って思うポット

美味しい珈琲の味を決めるポイントの1つお湯の注ぎ方です。大事なのは注ぐお湯の量を細かく変化出来る事。やかんでも頑張れば不可能ではないです。頑張らないといけませんw

オススメはこのポット

これだと、800ml容量あるしIHにも対応してるし直火もOKなうえにステンレスというコスパのいいポットです。HARIO(ハリオ)製だから安心!(珈琲器具の老舗メーカー)

よく見ると注ぎ口が細いですよね?もし、あなた自身でポットを選びたいなら、注ぎ口の細さと注ぎやすさをポイントに選ぶといいと思います。

ちなみに僕の愛用してるのはこれ

ホーロー製です、かわいいでしょ?ホントは直火ダメだけど僕は直火ですwww(良い子はマネしないでね!)

取っ手が熱くなるけどミトン使ってますw

正しい使い方は「鍋やヤカンでお湯を沸かしてこのポットに移す」ですので、こちらをご購入される方は正しい使い方をしましょうw

ドリッパー

ステンレスとか金属製もあるけど陶器かプラスチックがオススメです。金属製は味にも少なからず影響はあるので初心者にはオススメしません。

有名なのはこれ、カリタ(これも珈琲器具の有名メーカー)です

もうコレ鉄板なので、これを最初に使ってから色々なバリエーションに移りましょう!

で、探してみると、カリタとかメリタとかコーノとか「なんじゃらほい?」というワードが散りばめられてますが、簡単に説明すると・・・

メリタ式→ 台形フィルター使用。抽出穴が1つ。一度にお湯を溜めて落としていくイメージ。
カリタ式→ 台形フィルター使用。抽出穴が3つ。何度かに分けてお湯を注いで落としていくイメージ。
コーノ式→ 円錐フィルター使用。大きな穴が1つ。
ハリオ式→ 円錐フィルター使用。内側のリブがらせんを描く様。

それぞれ抽出の仕方やフィルターの種類が違います。今回はカリタ式の3つ穴が空いたドリッパーを選びましょう!

珈琲フィルター

美味しい珈琲を飲もう!珈琲の淹れ方

紙の味が移るとか移らないとか言われてるフィルターですが、ぶっちゃけそこまで気にしなくていいと思います。味にこだわりだしたら、こういう話があったなぁ程度でOKw

ここでは正しい使い方を覚えましょう

まずフィルターを見てみるとぶ厚い辺が2箇所あるはずです。ここを1辺だけ折り返します。そのまま裏返して、もう1辺を折り返します

終わり!ww

あとはフィルターを広げて、底をなるべく平らにしてドリッパーにセットしましょう

珈琲を受けるサーバー

抽出したコーヒーを入れるガラスの容器ですね。(コーヒー)サーバーと呼びます

サーバーもカリタ製が安心です。サーバーで重要なのは容量ですね。

だいたいドリッパーのサイズに合わせた選び方をします。「大は小を兼ねる」と言う考え方はしないほうがいいです。適切なサイズ感を選びましょう

てことで、最初はコレがオススメ

もう、安い!耐久性が高い!使いやすいし、安い!w2回言うぐらいコスパがいいので初めてならオススメですよ~

珈琲を注ぐカップ

これもぶっちゃけ好きなカップでいいですw

が!

美味しい珈琲を飲むなら、飲み口周りの陶器の厚さがポイント

薄いカップは冷めるのが早く、厚いカップは遅いです。あと、形状によって口当たりが違うので苦味を強く感じたりするカップもあります。飲みやすさも人によって感じ方が違いますね

最初は自宅にあるマグカップで十分です。興味がある人は、実際飲んでみて自分なりに美味しく感じる口当たりのカップを探してみてもいいですね!

美味しい珈琲を飲むなら豆を挽こう

美味しい珈琲を飲もう!珈琲の淹れ方

美味しい珈琲を飲むならこれは外せません!珈琲豆のまま購入し、飲む分だけ粉にして淹れる飲み方です

豆を買うときにお店で「豆のままで!(キリッ」と言うだけで、気分は珈琲マスターですwww

「既に粉のものを使えば楽じゃん!」って思う気持ちもわかります。ですが、美味しい珈琲の味を決めるポイントの1つが「粉の状態」です。

珈琲は空気に触れるとゆっくりと酸化していきます。豆のままだと面積が少ないので酸化のスピードが遅く、粉になると面積が広くなる分、酸化が早くなります

豆が酸化すると味や香りがなくなるので、美味しい珈琲を作れなくなっちゃうんです

豆を挽くのに必要なものがミルと呼ばれる器具。見たことある人は多いと思います。インテリアとしてもレトロでかわいいんですよねー、オススメはこれ

ほら!かわいい!テーブルに置きたい!w僕も愛用しているカリタのミルですね~後で写真で登場予定ですw

まぁ見た目ので選ぶのもアリですが、ミルのポイントは、一度に挽ける量と挽き目の幅です。どのミルでも粗~細挽きはだいたい出来るのですが、使う器具や味の微調整で挽き方を変えるといいです

また、豆は保存の仕方も重要です。これも別記事にしますが、簡単に説明すると酸化を少しでも防ぐ為に、しっかりと密封できるものを使いましょう

珈琲豆の挽き方

では、豆の挽き方です。購入した時のミルはメーカーによって初期設定が違うと思いますが、おそらく説明書が入っていると思いますので、それを見て設定してみましょう

分かりやすく説明すると、円錐型をした歯が内部に仕込まれているのですが、この部分の間隔が狭いと細挽き、広いと粗挽きとなります

挽き加減はどういう抽出をするか(どの器具を使うのか)によって向き不向きがあります。今回はドリップなので中挽きにしましょう

  • 極細挽き⇒ とても粒が細かくパウダー状 / 苦味が強い / エスプレッソ向き
  • 細挽き ⇒ 少しだけ粒が大きい(グラニュー糖ほど)  / 少し苦味が強い / 水出し珈琲やマキネッタ向き
  • 中挽き ⇒ グラニュー糖とザラメの間ぐらい / 酸味、苦味のバランスがいい / ペーパードリップ向き
  • 粗挽き ⇒ ザラメ程に粒が大きい / 少し酸味が強い / フレンチプレスやパーコレーター向き

器具によって向いてる挽き具合があるので、新しい器具を使う時は一度調べてから挽くことにしましょう。

さて、ミルを設定したら豆を入れます。豆はおよそ120ccあたりの抽出に約10gです。240ccだと約18g(だいたい8~9gずつぐらいで増えます)。気持ち少し多めの方が美味しい珈琲できますw

ここで注意したいのが深煎りと浅煎りでは豆1粒の重さが違うということ。美味しい珈琲を飲むなら毎回計りでグラムをはかる事をオススメします

深煎り、浅煎りについてはこの記事
コーヒー豆はやっぱり深煎り?煎り方の違いについて

豆を入れたらハンドルを持って回していくだけです。珈琲のいい香りがしてきてたまりません!ちょっとめんどくさくてもこの時間は至高のひとときです!大人の嗜み!

あ、回す速度ですがゆっくりでも早くても大丈夫です。ただ、一定の速度を保つ事に意識してください。不規則な速さになると粉の粒子の大きさが均一にならず味に雑味が生まれてしまいます

ハンドルの豆を潰す感覚がなくなれば、落ちた粉を準備しておいたフィルターの中に全て入れてください

この時、粉はなるべく平らにします。斜めに向いてたり盛り上がったりしないように!

いよいよ本番!美味しい珈琲の為の「抽出」

美味しい珈琲を飲もう!珈琲の淹れ方

さて、お湯を沸かします。お湯が沸騰して沸いたら火を止めます

すぐ注ぎたくなりますがちょっと待った!!

珈琲に適したお湯の温度

美味しい珈琲を抽出する適切なお湯の温度はだいたい80℃~90℃です。水温を計る温度計があれば必ずはかって温度を適温にしましょう

温度計がない方は次の方法を試してみてください

ポットでお湯を沸かしているなら、まずお湯を一度サーバーに注ぎましょう。抽出する珈琲よりも多い量を入れてください。残ったお湯はカップに注ぎます。これでサーバーとカップを温めるわけですね

サーバーに入れたお湯をもう一度ポットに戻します。これでおそらく温度が90℃前後まで下がってるはず

やかんなどでお湯を沸かしているなら、サーバーとカップ、ポットにお湯を注ぎます。理由は上記の通りです。ポットに入れたお湯は同じく温度が下がっているのでそのまま注ぎましょう

珈琲は抽出時にも温度が下がります。その時、カップやサーバーが温まっていないと味にブレが生まれます。うっかり忘れがちですがこの作業は必ずしましょう!

蒸らし時間

次に「蒸らし」という時間が必要です

粉の上になるべくポットの口を近づけて、周りのペーパーに直接お湯をかけないように粉全体にお湯をかけます

この時、お湯が届かないところがないように底に届くぐらいの量を注ぎます。目安としてはサーバーに「ポタッ・・・ポタッ・・・」と少しだけ落ちるぐらいが理想的。繰り返してると感覚がつかめてくるはず

その後は約30秒程(僕は25秒ぐらいです)蒸らします

蒸らすというのは、何もせずそのまま待つという事。鮮度がいい豆で挽きたてなら、蒸らしている間に粉の中のほうから上に向かって粉全体が盛り上がってくるはずです。これは珈琲豆がお湯に反応して二酸化炭素を吹き出している現象、これは豆が新鮮な証です!

抽出スタート

30秒程経ったら、ここからいよいよ本番スタートw

ポットの口を中心やや真上に近づけてそーっとお湯を注ぎます。そのまま「の」という字を描くような動きで中心から外側に向けてくるくると注ぎます

ここで注意するのが、フィルターと粉の境目まで注がない事!全体に満遍なく注ぐイメージをすれば大丈夫!

ベストな状態だと粉が膨らんで、泡も細かく泡立ち、中心から3層ぐらいのグラデーションの泡が出来上がります。こうなると美味しい珈琲ももう少し!

豆の鮮度やお湯の温度がベストなら見られる現象ですので、この泡と膨らみを目安に淹れ方を練習しましょう

お湯はだいたい目標の抽出量を3回ぐらいに分けて抽出します。つまり、最初の1投目(お湯を注ぐ事を”投目”つけています)の注ぐ量は3分の1になるぐらいの量という事です

2投目のお湯は1投目のお湯が全て落ちる前に入れましょう。また1投目より少しだけ量を増やし、お湯を太くして3分の2になる量まで注ぎます

3投目も同じく2投目のお湯が全て落ちる前に入れます。また2投目よりも太いお湯が出る漁で注ぎます。すでに2投目で粉の珈琲エキスは出きってると考え、3投目は残りの抽出量で味全体を慣らす感覚で注ぐと分かりやすいかも

美味しい珈琲の抽出完了

そうして目標の量まで抽出したら、例えドリッパーにお湯が残っていてもすぐに外してください

ドリッパーからポタポタと抽出している最後の部分まで抽出しないこと!理由は、最後の方まで抽出すると珈琲のえぐみなども落ちてくるからです。

最後にサーバーに落ちた珈琲を全体的に軽く回して混ぜます。これは1投目から3投目までの味のバラつきを統一する為に混ぜます。その後、カップのお湯を捨て、サーバーから珈琲を注げば美味しい珈琲が完成です。

お疲れ様でした。それでは、コーヒーの香りと共に、優雅なひと時をお過ごしください。

まとめ

今回は美味しいコーヒーの淹れ方についてお話しました

「珈琲は粉に限るよねぇ~」と粉末の豆をドリッパーにいれ、お湯の温度も注ぎ方も注ぐ量もめちゃくちゃで、豆を蒸らしもしない人をたまに見かけますw

もう僕からしたら珈琲がかわいそうwww

ちゃんとした手順でちゃんと淹れれば、ちょっとぐらいは失敗しても美味しい珈琲は抽出できます。失敗を怖れずに毎日でも淹れ続ける事で、珈琲が美味しくなっていくことを感じるはずです

みなさんも少しずつでも器具を揃えてみて、ゆっくり過ごしたい休日なんかに珈琲を豆からドリップして飲んでみてください。きっとこれまで飲んでた市販の珈琲との違いに驚きますよ!

スポンサーリンク

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

フォローしていただけると次回更新の際にタイムラインでお知らせされます!また次回も見てもらえると嬉しいです^^