クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

紅しょうがとガリの違いについて調べてみた話

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

紅しょうがとガリの違い

牛丼にはちょこっとだけ紅しょうがを乗せるノリモ(@norimo_blog)です

たまにめっちゃ紅しょうが乗せる人いない?もうドバッて!別にいいけどさwその光景を目にする度に心の中で「めっちゃ乗せたなぁーーー!」って思って驚いてます

そんな紅しょうが、お寿司屋さんにある「ガリ」とは何が違うのか?ちょっと気になったので調べてみました

きっかけは、お好み焼きを作る為に紅しょうがを買ったんだけどめっちゃ余ったのね

「これ何かに使えないかなぁ~」と思って、でもこれ生姜やん?ガリも生姜やん?じゃあお刺身とかに紅しょうが添えても成立する?って考えたら「いやいやいやいやw」って思ったのがきっかけ

調べてみると意外な事実が判明したので記事にしちゃいます!

スポンサーリンク

まずは紅しょうがについて

紅しょうがとは、生姜の塊根を梅酢に漬けた漬物とされています。紅しょうがの口当たりに少し酸味があるのは梅酢に漬けているのが理由のようです

ではあの赤い色は梅酢が原因なのか?と言われるとそうではないんです。梅酢だけだとちょっと薄い赤色になります。もっと赤い色になる要素がみんな知ってる「赤紫蘇」を用いることであの赤い色を出せるんですね

赤紫蘇ってあの梅干と一緒に入っている葉っぱみたいなアレですね!他にもご飯の上にかける赤い「ふりかけ」みたいなアレです!

だいたいは細く切った状態の生姜を漬けて、出来上がると僕達が目にする「紅しょうが」になってるんですね

次にガリについて

ガリとは、生姜を薄く切って甘酢に漬けたものとされています。こちらは甘酸っぱさと生姜の辛味がいい感じにお寿司の魚の臭みを消してくれるので、お寿司屋さんで置いてるんですね

ほんのちょっぴりピンクなのは、新生姜を使って作ればお酢の作用でほのかにピンク色に仕上がるみたい。着色しているものあるそうですよ

僕はお寿司大好きで、よくお寿司食べながらガリも食べてます。最初ちょっと甘くて噛んでるとだんだんと生姜っぽい辛味が出てくる辺りが特に好きですね。ガリ食べたくなってきたw

あと子供の頃、親戚とかが集まってお寿司食べてるの見て、叔父さんとかがガリを食べるのを見ては「お・・・大人だ」(←あたりまえ)と思っていたのを覚えています。そのせいか、「自分も大人になったんだなぁ」と思うときが、ふとありますね

ここで判明した事実とは?

で、どちらも生姜を(いわゆる「日持ち」させる為の)一つの「保存方法」として「酢漬け」にするようになったのですが、ここで東日本では「甘酢漬け」西日本では「梅酢漬け」という方法に分かれたそうなんです

つまり、「江戸前寿司」という全国の寿司のもととなった「東日本」では「ガリ」、粉物とかで多く使われ関西人ならほとんどが知っている「紅しょうがのてんぷら」がある「西日本」では「紅しょうが」として保存されることになったということですね

そう考えると、お好み焼きやたこ焼き、やきそばなどが盛んな関西地区で紅しょうがが多く使われることにもなんだか納得がいきますね。お寿司のガリも「東日本」でガリとして保存されていた事から寿司の付け合せとされたのでしょう

まさか、紅しょうがとガリでも「関東」「関西」の違いが出てくるとは思っていなかったので正直驚きました。こういう発見は大好きなので内心めっちゃテンション上がりましたよw

きっと紅しょうがの中でも「キング・オブ・紅しょうが」と呼ばれるような美味しい紅しょうがあるのかもしれませんね。じゃあ人気の紅しょうがってどういうものがあるのでしょうか?

ついでに人気紅しょうがのご紹介

ということで、せっかくなので「人気の紅しょうが」をいくつかご紹介します。あんまり紅しょうがをじっくり探したり食べ比べたりする機会はないと思いますが、ここで紹介する紅しょうがは人気の紅しょうがなので一味違いますよ!

「紅しょうが」と言えば「牛丼」、「牛丼」と言えば「吉野家」という事で「吉野家の紅しょうが」です!買えるんですね!これですよ、これ、ドバーッて乗せる紅しょうがw

これを天ぷらにするのが美味しいのかはさておき、これと「吉野家の牛丼」のセットを買えば家でいつでもあの味が食べれます!

天然色素の「赤ダイコン色素」を使っている薄いピンクの「紅しょうが」

真っ赤な紅しょうがはちょっと・・・という方にはこちらの優しい紅しょうががオススメ

例えばインスタントやきそばでも、紅しょうがをちょっと加えるとより美味しくなるという小技があるのは、一平ちゃん大好きな僕の独り言ですよゴニョゴニョ

これはちょっと「本格的」な紅しょうがですね!たぶん「丸ごと」だからそう思うだけかと思いきや!株式会社 矢野農園さんの園で育てたという「赤梅酢」と「紫蘇」を使っているという本当に本格的な紅しょうが!「赤梅酢」と「紫蘇」と「塩」だけで漬け込んだ、ちょっと濃い目の大人の紅しょうが。天ぷらにして食べたら美味しそう・・・

紅しょうがとガリの違いでした

実際この違いを知らないところで、日々の生活にはほとんど影響もありませんけど、ちょっとした時に違いが分かると誰かに言いたくなるのがこの手のお話w

いわゆる「雑学」として覚えていただき、紅しょうがやガリの話になった時に違いを言うと「ちょっぴり優越感」に浸れそうですね

ホントはもっと紅しょうがの商品ありますが、しっかりとした違いが分かるのは上で紹介したものでした。紅しょうがレシピもなかなか難しいですが、ちょっぴり酸っぱくてピリッとした口当たりは紅しょうが以外では味わえませんから、いい紅しょうがを買うことも少しこだわってみたくなります

P.S.あとインスタントの焼きうどんに乗せて一緒に食べるのもオススメですよゴニョゴニョ

他にこんな記事おすすめです

我々の側でずーっと活動しているベルマークの謎
何気に気になっていたノリモ(@norimo_blog)です あのね、ファミマのおにぎりとかお菓子の袋とかについてるこれ ...
味噌は冷凍庫に入れても凍らない!?そのまま使えて便利!
食べ物をダメにする確立10%ぐらいはあるノリモ(@norimo_blog)ですw 食材の保管って結構難しいんで...
最強バニラアイスはどれか知ってる?定番4商品食べ比べ
一番好きなアイスの味は「濃厚パンプキン」、ノリモ(@norimo_blog)です! この前、スーパー行ったら「バニラア...
スポンサーリンク

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

フォローしていただけると次回更新の際にタイムラインでお知らせされます!また次回も見てもらえると嬉しいです^^