クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

我々の側でずーっと活動しているベルマークの謎

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

何気に気になっていたノリモ(@norimo_blog)です

あのね、ファミマのおにぎりとかお菓子の袋とかについてるこれ

ベルマーク

そう、「ベルマーク」です

これ、小学校の時に切って集めたりしたことあったけど、大人になった今だからこそ純粋に思うわけ

ベルマークって結局なんだったんだ!?

スポンサーリンク

ベルマークって?説明と仕組み

何で集めてたのか?誰が集めてたのか?集めてどうなったのか?

なにも知らないまま30歳を過ぎてしまい、もはや「知らないことが恥ずかしい事」なのかどうかさえもわからんw

もしかしたら、僕と同じく「知らない」人いるかも知れない・・・よし、集合!!

(ヒソヒソ)みんなで理解したらまるで知ってたかのように世の中にまた溶け込むのだ、よし!

て言うか「ベルマーク」ってそもそも何なの??

ベルマークとは、協賛している商品のラベルや箱についているベルのマークの事。

ベルマーク運動(ベルマークうんどう)は、学校をはじめとする教育施設公民館をはじめとする生涯学習施設の教育環境整備への助成と、交通などの面でハンデキャップのある山間・離島(いわゆるへき地)の学校特別支援学校院内学級や被災校、発展途上国の教育に対する援助を組み合わせて行われる運動である。朝日新聞社創立80周年記念事業として1960年(昭和35年)に始まった。ベルの形は「国内外のお友達に“愛の鐘”を鳴り響かせよう」との意味合いがある。

引用元:ベルマーク運動 -Wikipedia-

なるほど。確かに小学校ではよく聞いていたけど大人になってからあまり聞かなくなったなぁ・・・つまりは助けを必要としている学校や困っている地域の学校などに援助がされる運動という事なのね。まぁ子供ながらにそういう制度じゃないかなぁ?とは思っていたけど

あれ?ちょっと待って?確か記憶では「学校で何か備品とか設備の一部と交換する」みたいなことだったと思うけど、これだと自分の学校じゃないよね?他の学校の為に集めてたってこと?

まだちょっと分からないなぁ・・・てか何でマーク集めるだけでお金になるんだ??

ベルマークの仕組み

商品の包装紙やパッケージにつけられた「ベルマーク」を切取り、学校・団体ごとに集めて財団に送ることにより、1点あたり1円がそれぞれの団体のベルマーク預金になり、貯まった預金で自分の学校・団体の設備品などを購入できる。貯まったポイントで商品と交換すると勘違いされることがあるが、あくまでも預金で購入するシステムである。さらに、この設備購入代金の1割がPTAからの寄付金となり、へき地学校などの援助に役立てられる。ベルマーク運動の変わらない仕組みである。

引用元:ベルマーク運動 -Wikipedia-

へぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!今年一番の「へぇぇぇ」やわ!

ポイントと交換って概念じゃなくて預金で購入するってシステムなんや!?で、それで購入した金額の1割が困っている学校への援助に役立っているということか、なるほどなるほど

つまり僕らが集めたベルマークで学校の設備を10万円購入したら1万円が援助金として寄付されているって事でいいのかな?

じゃあ子供の頃の記憶は間違いではなく、その備品を購入した事でどこか遠くの困っている学校がちょっと助かったりしてるってことか!え、めっちゃいいシステムじゃない?ベルマーク運動って

でも、ベルマークをつけてくれる企業ってのは協賛企業として活動しているからつけてくれてるんやろうけど、得になることはあるの?完全なボランティアなの?って思って調べてたらこんな人のブログ見つけました

ブラックPTAの保護者なら知っておきたい「ベルマーク7つの秘密」 - 畳之下新聞
ベルマークには、意外と知られていない事があります。 いま、PTAでベルマーク集めを頑張っている人も、嫌で嫌でしょうがない人も、これから出てくる7つの秘密を知っておいて損はないですよ。

7つも秘密を知っているなんてすごい!

この方の仰られる話だと1枚=1円ではなく1枚=1.27円だそうです。つまりこの0.27円が「ベルマーク運営費寄付」として団体に入るとの事。ふむふむ。

あれ?協賛会社は?w

ともう少し調べると、どうやら仕組みとしてはこうらしい

・協賛会社がベルマーク付き商品を販売
・我々(最終的にはPTAなどの団体)が商品を購入
・ベルマークをベルマーク団体に送る
・団体の人達が枚数数えてその数×1.27円を協賛会社に請求する
・協賛会社は銀行口座に請求分を振り込む
・振り込まれたお金はPTA寄付金としてベルマーク団体が管理する
・PTAが「〇〇を買いたいでーす」って団体に申請
・管理しているPTA寄付金から備品を販売する協力会社(備品販売のみ行う企業)に発注
・協力会社から備品がPTAの元に届く
・ベルマーク団体が協力会社にお金を振り込む

まぁベルマーク教育助成財団のホームページ「仕組みと流れ」を見る限りこういうことだそう。これだと一見「協賛会社が損してね?」ってなりそうですが、実はそのベルマーク集計によるマーケティングデータや協賛しているというブランディングイメージなんかで見返りがあるそうなのだ

うーん、大人の世界だw

意外とついてるベルマーク

ベルマーク

ベルマークのだいたいの仕組みは分かったけど、今でも協賛している企業って多いの?って話。

いわれてみるとたまに付いているのを見ることがあるけど、ベルマーク教育助成財団のホームページ「協賛会社の一覧」を見ると驚いたのが「トップバリュ」が協賛しているってこと!

まぁ一言でいうと「さすがイオン」ってねw

だいたい2000点を越える商品にベルマークがついているとの事なので、我々が目にする機会も案外多いんだと思う

でもこれだけの企業が協賛していて2000点も商品があるなら、自分の普段の生活の中で何かしらついているものがあるんじゃないか?と思って

僕はさっそく調べましたよ、部屋中歩き回って調べましたよ・・・

1つも付いてるのがない!!!まじかw

1つぐらいあってくれないとブログに使うつもりやのに困るやん!パシャって写真撮るつもりで構えてたのに!マジで1つも無かったw

でも、このデジタルな時代、いつまでアナログなやり方なんだろうね。お子さんがいる親御さんとかはPTAとかなんとかでベルマークが身近のことかも知れません。でも最終的に切ったりしないといけない制度って大変じゃないですか?

そもそもマークそのものに物質的価値があるわけじゃないなら、QRコードとかにしてベルマークアプリ作ってそれで貯めていったりすれば楽なんですけどね。伝統とか長い歴史があるものはそういう事じゃないのかも知れませんw

ベルマークのまとめ

個人で集めて学校に寄付したり、ベルマークのほかにもインクカートリッジや牛乳パックもちゃんとして集めればベルマーク何点分と高いポイントで交換してくれるそうです

子供がいる家庭なら意識して集めている人も多いでしょうが、独身であってもベルマークを集めてあげると知らないどこかで役に立っているという事になりますよね

何といってももうすぐ60年の歴史になるわけですから、きっと上手くいっているという事なんでしょう。それに東日本大震災などの震災援助もしているとの事なので、実はよく行くファミリーマートのおにぎりについているベルマークで、知らない誰かが救われているかもと考えるとちょっとベルマークを見る目が変わるような気がしますね

(ヒソヒソ)よし、解散だっ!

P.S.「ベルマーク」って文字見すぎて中世の英雄の名前みたいに見えてきたw

スポンサーリンク

クスッとしてもらえる記事ならまた読みに来てください!シェアしてもらえるとモチベーションあがります^^

フォローしていただけると次回更新の際にタイムラインでお知らせされます!また次回も見てもらえると嬉しいです^^